サイトへ戻る

《モールコラプシングではないのか? そうでないなら、オブストラクションではないのか?》

2020トップリーグ サントリー(黄)vNTTコム(青)

《モールコラプシングではないのか? そうでないなら、オブストラクションではないのか?》

2020トップリーグ サントリー(黄)vNTTコム(青)

Nコム22m内でサントリーボールのラインアウト。サントリーはラインアウトからモール(緑丸)を作ろうとしています。

この場面を見ると、手前側で青6が先に地面に倒れており(赤丸)、モールコラプシングのように見えます。が、レフリーは笛を吹くことなくプレーは継続されます(アドバンテージの適用もない)。

ラインアウトでは、まれにモールが形成される直前にディフェンス側がボールキャリアを倒す場合があり、その場合は単なるタックルが成立したということになるためモールコラプシングには当たりません(成功すればペナルティにはならない)。
 

一方で、そうであるならこの場面ではサントリーの集団は(水色)モールではないことになります。

その後青5(桃丸)が同集団に接触しますが、その場合はサントリー集団の先頭にいる黄7はボール(緑)を持っていないため、黄7はオブストラクションの反則となるはず。が、それでも笛は鳴ならず、レフリーはこの後で「ストップワンス(1回停止)」とコールします(紫丸:つまり、レフリーはこの段階でモールが形成されたと認識している模様)。
 

が、そのモールでは、青5が相手の左足を持ち上げ(赤丸)、やがてそのモールも崩れることになります。それでもペナルティの笛は一切ならず、そのままプレーは継続されました。

・モールが形成されたのはいつどの時点なのか? 
・モールが崩れた原因はどこにあったのか? 
レフリー、ARともにその点を明確に認識すべき場面だといえるでしょう。

すべての投稿
×

もう少しで完了します。

あなたのメールアドレスにメールを送信しました。 読者登録の承認のため、届いたメールのリンクをクリックください。

OK